マツエクは自分でオフできる!これ1つで自宅で簡単、節約にもなるアイテムとは?

マツエクのオフは自分でできる!簡単な方法で急なオフや節約にも1マツエク

マツエクって自分でオフできそうって思いませんか?

そう、実はマツエクのオフはとても簡単なので自分でオフすることができます!

ただし間違った方法で取ると、自まつ毛がボロボロになってしまうことも。

私はマツエク歴10年で、5年目からはセルフに切り替え、5年経った今でも問題なく自分でオフしています。

この記事では私が実際に使っているアイテムや、やっていはいけないオフの方法を解説しています。

マツエクを自分でオフしたい
  • マツエクを自分で取るのに必要なものとは?
  • 間違ったオフの方法だとまつ毛がボロボロに!
  • 節約になる!自分でオフするメリットとは?

自分でオフできるようになると、節約にもなるし、急な用事でマツエクをオフしないといけないときも楽ですよ〜!

マツエクを自分でオフするのに必要なもの

マツエクのオフは自分でできる!簡単な方法で急なオフや節約にも4

マツエクを自分でオフするなら、自まつ毛をボロボロにしないためにも絶対に専用リムーバーを使うのがベスト!

リムーバーの使い方は簡単で、適量取りマツエクに塗ると、するりとオフすることができますよ。

後述しますが、ワセリンを使ったオフはまつ毛が細くなったり抜けてなくなってしまうことがあるので絶対ダメです!

先読み クリックで見出しまで飛べます⇒まつ毛が傷むダメなオフの方法

実際に使って良かったおすすめのマツエクリムーバー2選

プロも使うリムーバーですが、セルフ用としても良く使われるリムーバーが次の2つ。

マツエクリムーバー
  • NATURAL FIELD SUPPLY ラッシュグルーリムーバー
  • 癒本舗 グルーリムーバー

私はどちらも使いましたが、おすすめはNATURAL FIELD SUPPLY ラッシュグルーリムーバーです。

それでは各リムーバー1つずつを詳しく紹介していきます。

NATURAL FIELD SUPPLYのラッシュグルーリムーバー

マツエクのオフは自分でできる!簡単な方法で急なオフや節約にも3

NATURAL FIELD SUPPLYのラッシュグルーリムーバーをおすすめする理由は次のとおり。

おすすめポイント
  • クリームタイプで液ダレしない
  • こっくり系クリームがしっかりマツエクにからむ
  • すっきり拭き取れて乾燥しない
  • 15gの大容量でコスパ良し
  • 楽天では5点満点中4.29点という高得点!

こっくり系クリームで液ダレなどなく、まつ毛になじませるだけできれいに、失敗することなく簡単にマツエクを落とすことができますよ。

使用したグルーにもよると思いますが、私はこのリムーバーで気持ちいいくらいにスルっと取れます。

目にしみるとかも全くありません!

あと、とにかく減りません(ここだけの話、購入して5年経った今も残ってるけどさすがに新しいのに買い替えました。笑)

マツエクサロンでも使われるプロ用品ですが、800円前後で購入できるのでコスパも相当いいですね。

ちなみに、

マツエクオフの相場
  • 今のオフ代の相場は「1,000円〜2,000円」

リムーバー代はオフ1回よりも安いので、かなり節約になりますね!しかも数十回分は確実に使える量が入っています。

癒本舗のグルーリムーバー

マツエクのオフは自分でできる!簡単な方法で急なオフや節約にも2

癒本舗のアイテムは、値段が少し安いアイテムなのでプチプラのマツエクキットなどに入る商品という印象が強いですね。

私は使ってみて問題なくオフできましたが、楽天の口コミに目が痛くなったというレビューがありました。

値段が安いのはうれしいですが、ちょっと気になる口コミです。

ノンエタノールなのは肌に優しそうでポイント高いんですけどね〜。

最初にご紹介したNATURAL FIELD SUPPLYのリムーバー15gでさえかなり長く使えるので、30gとさらに多い癒本舗のリムーバーは自分用ならそこまでの量は必要ないかな?

どちらもマツエクは簡単にオフできましたが、口コミや品質管理も含め、私はNATURAL FIELD SUPPLYのリムーバーを選んで使っています。

オフのやり方は、どちらも同じで簡単です。

関連記事 マツエクを自分で取る方法と必要な道具

まつ毛が傷むダメなオフの方法

よく言われるマツエクをオフするいろんな裏技が次の3つです。

まつ毛が傷むダメなオフの方法
  • ワセリンで取る
  • 無理やり取る
  • オイルクレンジングで取る

この3つのオフの方法は、どれもまつ毛が傷んでしまうのでおすすめしません。

専用リムーバーはいらないけど、無理やりオフするのが嫌という人は、自分でオフすることは諦めてマツエクサロンで取ってもらうのが1番おすすめです。

≫ ホットペッパービューティーでマツエクサロンを探す

 

では、どうしてダメで専用リムーバーを使うべきか詳しく解説していきますね。

ワセリンを専用リムーバーの代わりに

マツエクのオフは自分でできる!簡単な方法で急なオフや節約にも5

ワセリンは油なので毛穴を詰まらせ、まつ毛が細くなるので使ってはいけません。

マツエク専用リムーバーの代用品としてワセリンを使う人がいますが、まず成分が違います。

確かにワセリンは油なので、オイルクレンジングがマツエクを取れやすくしてしまうのと同じで、ワセリンでもマツエクが取れることがあるかもしれませんが、ワセリンはあくまで油。

ワセリンでのオフは、マツエクが取れるといっても無理やりオフするようなものです。

これは自まつ毛には大きな負荷になり、また、油が毛穴に詰まる可能性もあるので、いいことなし。

matsueku-off-mare-7

毛穴に油が詰まってしまい自まつ毛が細くなると、次に自まつ毛が抜けやすくなってしまいます

想像してみてください。

例えば、手のひらにサラダ油を塗って棒をつかむと、力を入れても、するりと抜けてしまいますよね?

なので健康な髪を目指すために、頭皮の毛穴をキレイにするスカルプケアがあります。

それと同じで、まつ毛も油が詰まると細毛や抜け毛の原因に。

さらにほとんどの人の顔にいると言われているダニは、油をえさにまつげやまぶたで増殖すると言われているので良いことなしです!

専用リムーバーとワセリンはそんなに料金も変わらないので、ワセリンを買うなら専用リムーバーを買って使うのが1番安心ですね。

関連記事 マツエクするとまつ毛にダニが増えるって本当?原因と対策を解説

マツエクを無理やり取る

友人にマツエクのプロがいるのですが、たまに新規来店のお客さんがオフ代をけちるために、無理やり前回付けたマツエクを自分で取って来る人がいるようです。

これも自まつ毛が抜けたり、ちぎれたりするなどで傷む大きな原因となります!

また自然にマツエクが取れるまで、しぶとく待つ人もいるとか。

きちんと手入れやケアをしているならまだしも、あまり長く同じマツエクを付け続けるのは衛生面上良くないですね。

マーレ
マーレ

目元はデリケートな部分なのでいつも清潔に

オイルクレンジングで取る

またオイルクレンジングでグルーを溶かしてマツエクをオフするのも、無理があります。

あくまでオイルクレンジングで、グルーを溶かすアイテムではないので、結局、無理にオフすることに。

肌でさえオイルクレンジングは水分油分を取りカサカサに乾燥させてしまうので、目元に長時間使うのは危ないです。

自分のまつ毛を大切にしたいなら、必ず専用リムーバーを使いましょう。

どうしてもワセリンなどを使ってマツエクをオフしたい人は、せめてまつ毛美容液やまつ毛シャンプーで、まつ毛をケアしてあげてくださいね。

関連記事 マツエク歴10年がおすすめするまつ毛美容液とは?目的別アイテム5選

詰まった毛穴はアイシャンプーでケア

最近ではアイシャンプーと言って、まつ毛の毛穴の詰まりをケアするサロンが増えてきています。

それだけまつ毛の毛穴を詰まらせてしまうのは良くないということです。

まつげシャンプーというホームケアのアイテムも出てきたので、人気や需要の高まりを感じますね。


このまつげシャンプーはマツエクしたままでも使えるので、残ったメイクや皮脂を取り除いて、いつでも清潔な目元に導いてくれます。

まつ毛が細くなってきたり、少なくなってきたりした人はこの目元ケアを取り入れてみるといいかも。


私がマツエクを自分でオフすることで感じるメリットは次の2つです。

マツエクが自分でオフできるメリット
  • 急にマツエクを取らないといけないときに助かる
  • 節約になる

実際に自分でマツエクを取るようになって、この2つは特に助かっています。

急にマツエクを取らないといけないとき

やっぱり急にマツエクを取る必要があるときには、自分で自宅で取ることができると楽ですね。

前にジェルネイルをしていたときに急な不幸があり、ピンクのネイルでは参列できないと思って自分で取ろうとしましたが・・・大変なことに!

取りたいときに取れないって、すっごくストレスでした。

マーレ
マーレ

マツエクの場合も同じですね。

節約になる

新規のマツエクサロンに行くとなると、結構な確率で他店で付けたマツエクをオフする場合は料金が発生するんですよね。

先ほどもお伝えしましたが重要なのでもう1度言うと、

マツエクオフの相場
  • 今のオフ代の相場は「1,000円〜2,000円」

でも新しくマツエクを付けるのに2,980円(オフなし)とかあるのに、オフだけでその1/3の料金もかかるって考えると高くないですか?!

またマツエクサロンに通うとなると、まつ毛の周期や手入れを考えて3週間に1度はお店に行かないといけません。

マツエクは新規の価格ならまだ続けられるとしても、同じお店に通うようになると正規の料金になり、正直キツい・・・

なので結構みなさん、新規来店のサロンをぐるぐる回って節約しているので、オフは自分でやってから行くとかなり節約になりますよね。

ただし、間違った方法でオフすることはただのデメリットでしかありません!

代用アイテムや無理やりオフなどは、まつ毛が傷みマツエクを付けられない状態になることもあります。

必ず専用リムーバーを使ってオフしてくださいね。

≫ NATURAL FIELD SUPPLY ラッシュグルーリムーバー (15g)を見てみる

マツエクをオフしたらまつ毛美容液でケアする

スカルプDのまつ毛美容液の口コミ3

マツエクをオフしたあとは、まつ毛美容液を使ってまつ毛にハリやコシを補給!

数週間マツエクをしっかりキープしてくれたまつ毛なので、負担で受けたダメージを回復してあげます。

まつ毛が健康になればマツエクの持ちも良くなるので、まつ毛美容液を使ったケアは普段から取り入れたいですね。

今はマツエクしたまま使えるまつ毛美容液もたくさん出ているので、お肌のケアと同じようにまつ毛ケアもしましょう。

私が今までで1番効果を感じたまつ毛美容液はこちら↓

関連記事 確実に1mm以上伸びた!スカルプDのまつ毛美容液の口コミレビュー

次はセルフでマツエクを付けてみよう

マツエクも進化してきて、今ではセルフでもメイクをするように簡単にマツエクが楽しめるようになってきました!

私もここまでセルフでできるように↓

セルフでマツエク8mmを付けた感想2

別記事でオススメキットの口コミレビューをまとめているので、興味のある人はぜひこちらも読んでみてくださいね。

関連記事 セルフ初心者でもできるマツエクキットはこれしかない!画像で詳しく紹介

マツエクを自分でオフするまとめ

マツエクは自分でオフできることがわかったと思いますが、大切なのは必ず専用リムーバーを使うことです。

無理なオフでまつ毛が抜けてしまうと、植え付ける土台がないので、マツエクを付けてもボリュームアップできなくなります。

またまつ毛が細くなると、マツエクの持ちも悪くなってしまうので、無理なオフは本当にダメ!

正しいオフの方法を守って、これからも魅力のある目元を目指しましょうね。

人気記事 【まつげエクステ歴10年】自分でできるマツエクのやり方すべて教えます!

関連記事 マツエク歴10年がおすすめするまつ毛美容液とは?目的別アイテム5選